新生児のチャイルドシートって必要?タクシーに乗せる時はどうする?

新生児のチャイルドシート

チャイルドシート、たくさんの種類がありますよね(^^;)
上の子の時に使っていた物は友人に譲渡済だったので、今回出産祝いで姉から頂きましたー♪

 

高い。。。自分じゃ買えない。。(笑)
360℃回転シートはかなり便利です(特に新生児期!)
フルフラットよりは若干角度がありますが、新生児期(うちの場合通院の為、生後2週間で乗せましたが何とか大丈夫でした☆)
以前は1万円くらいの↓

 

 

を使ってたので、比べると機能は断然◎
1万円のでも十分使えますけどね(‘ω’)

新生児、タクシー乗せるときどうする?

退院時、通院時は陣痛タクシー(妊婦タクシー)を呼ぶつもりでいたのですが、電話してみると「現在その付近に配車可能なタクシーはありません。しばらくたってからおかけ直しください」のガイダンスで一向につかまらず( ;∀;)
使えねー。。。(田舎に住んでるからか!?)
仕方なく「東京無線」のアプリをダウンロードしたら、、めっちゃ便利♪(呼んでから10分くらいできました)
さすがに妊婦用ではないので、チャイルドシートも防水シートもない普通のタクシーですが、運転手さんがとっても優しい人だったという事もあり、終始気を使ってくれて快適に病院まで行けました。
赤ちゃんはおくるみに包んで抱っこし、後部座席に座りました。
タクシーだとチャイルドシートの義務はなくなるので法律的にも抱っこで問題ないのですが、万が一の事故とかはさすがに不安。。
今回はタクシーの運転手さんが「ゆっくり走りますね」ととても安全運転してくれたので終始安心できました♪

ちなみに私は破水からの出産スタートだったので、、朝破水して旦那運転で病院へ行きましたが、、もともとは陣痛タクシーを使おうと思っていたので、、出産時に陣痛タクシーを使おうと思っている人は、ぶつけ本番ではなく、事前に妊婦健診などの際に陣痛タクシーを使ってみることをお勧めします(エリアによっては私みたいに全然タクシーがつかまらない、、なんて事もあるので。。)あとは一般のタクシー会社の連絡先orアプリを登録しておくと便利です!
何社かにTELすればさすがに1台くらいつかまるはず☆
自宅の車でも破水時はシートがビショビショになっちゃうので、防水シートを敷いといた方が絶対いいですよ!私は破水に備えていたわけではないのですが、赤ちゃんのおねしょ対策で必要かな?と防水シーツを購入していたので、それを助手席に敷きました(´・ω・`)予期せぬとこで役立ってよかった(笑)
この防水シーツは時々まとめ買いするヒラキというサイトで格安(980円)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です