前駆陣痛から出産までどれくらい??

前駆陣痛から出産までどれくらいかかるの?

前駆陣痛(ぜんくじんつう)とは

偽陣痛とも呼ばれるように、本陣痛よりも前に起こる不規則な子宮収縮の事。
出産につながる本陣痛は規則的に痛みが来ますが、前駆陣痛は不規則です。
痛みが強くなったり弱くなったり、時間も不規則で、間隔が縮まったかと思っても遠のいてしまうのが特徴。
【時期】
妊娠36~40週で起こる事が多い(早いと32週で来る人も)
【痛みの間隔】
前駆陣痛は痛みが来る感覚が30分、20分、40分…と縮まったり長くなったりします。
毎日決まった時間に前駆陣痛が来る人もいるようですが、不規則に来る事の方が多いようです。
【痛みの感じ方】
本陣痛は痛みが強いのですぐ分かると思いますが、
前駆陣痛は「陣痛かな?」という生理痛くらいの痛みです。
【受診する目安】
基本的には前駆陣痛では受診する必要はありません。
ただし、次のような場合は産院へ連絡・受診してください。

・胎動を感じない時
(10カウント法で赤ちゃんの胎動を10回感じるまで何分かかるか計測してみてください。1時間以上かかるなら要注意。)
・破水した時
・おしるしがあった時
・痛みが規則的で強くなっている時

【前駆陣痛から本陣痛までの期間】

2週間~1か月が一般的と言われていますが個人差があります。
この間に、お腹の張りや腰痛、おしるしなどの兆候がみられます。

本陣痛開始から出産まで

陣痛が始まってから出産まで、第一期から第三期の段階があります。
第一期(潜伏期)
【陣痛の間隔】
5~10分
【痛みを感じる時間】
30~60秒
【子宮口】
3~4cm開いてます
【出産までの目安】
8~10時間程
☆まだ動けないほどの痛みではないし、話をすることもできます。

第一期(活動期)
【陣痛の間隔】
2~5分
【痛みを感じる時間】
45~60秒
【子宮口】
4~10cm開いてます
【出産までの目安】
初産婦で5~7時間程度
経産婦で2~4時間程度
☆徐々に痛みの時間が長くなっていきます。下腹部や腰に痛みがあります。

第二期(娩出期)
【陣痛の間隔】
30~90秒
【子宮口】
全開(10cm~)
【出産までの目安】
初産婦で45~60分程度
経産婦で15~30分程度

※子宮口が全開になり、赤ちゃんが出てきます。
タイミングに合わせていきむことで、赤ちゃんが産道へと押し出され、全身が出てきます。

第三期
出産後、胎盤が出てくるまでの期間
数分間~30分程度
☆出産後、お腹を押されます。。
ドロっという生ぬるい感覚と共に胎盤が排出されます。
(出産後すぐなので私は痛みは感じませんでした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です